2016年8月26日金曜日

和田別当城……本城常光の陣城跡

島根県邑南町の和田地区にある別当城跡。

登山道も整備されて、案内板も設置されているのですが、何やら地権者と色々あったようで、あんまり登らない方がいいとも聞きますが、どうなんでしょうね。
そんなの関係無しに登ろう!という方、私が登った時には目の前をデカい鹿がドカドカと通り過ぎて行きましたし、クマさんも付近で出たという情報もありますので、ご注意を。

ともあれ、別当城の名前から荘園に関係する人物による築城かとも言われますが、ハッキリしません。
しかし、高橋氏が二ツ山城の出羽氏を攻める際に陣を敷いた、はたまた吉川元春と尼子軍が戦った出羽合戦の際には本城常光が陣を敷いたというのはそうなんでしょう。
現在残る縄張りを見ても、陣城の様子が伺えますが、削平がしっかりしており広いので、陣に限らず長期間使用された城なのでしょう。

別当城についての詳細はこちらへ。

別当城 登山口
別当城登城口
案内板がありますが、駐車スペースは無いです。

別当城 本丸
別当城 主郭
かなりの広さがあります

別当城案内板(本丸)
主郭にある案内板

別当城北側曲輪
主郭から北側は薮がひどいです


堀切
西側の堀切跡

別当城のカカシ
カカシが立ってるので、最初ビビりました。

石見高橋氏の拠点、藤掛城へ

島根県邑南町の阿須那にある藤掛城跡は、石見高橋氏の拠点となった城です。

NHK大河ドラマ『毛利元就』が放映された時には、結構訪問者があったそうです。
以前は登り口が分からずに登城に難儀しましたが、最近は地元の方により西側からの登山道が整備されたようです。案内板もあります。有難い事です。

この藤掛城を拠点として、出羽氏の二ツ山城も攻略して本城を築き、巨大な勢力となりましたが、最後は毛利元就の計略により高橋氏は滅びました。

藤掛城についての詳細は、こちらへ。

藤掛城への登城口
藤掛城への西側登城口

藤掛城 本丸
藤掛城 主郭(本丸)
南北に細長いです。

藤掛城 櫓台
本丸中央には櫓台があり、さながら天守台の様相です。

藤掛城主郭
藤掛城主郭を北から

北側曲輪跡(二ノ丸)
主郭直下には、いくつもの曲輪が存在します。